挑戦的な取り組み

神奈川県みらい未病コホート研究は、コホートを基盤にしつつ、
予防医療介入も同時に行う挑戦的な取り組みを行っています

神奈川県みらい未病コホート研究は、長期間にわたり、神奈川県内の多くの住民を観察、追跡することによって、生活習慣や体質(遺伝子)などの要因と病気の発生状況との関連を調べるゲノムコホート研究です。

ゲノムコホート研究+介入研究→ ハイブリットゲノムコホート

従来のコホート研究とは異なり、コホートのプラットフォームを活用し、最先端技術を使った予防医療介入を行う先進的かつ挑戦的な取り組みを行っています。このような“ハイブリットゲノムコホート”研究は、日本でも例がない新しい研究アプローチです。コホートに介入研究を組み合わせることによって、政策や制度といった形で、研究成果をより短期間で社会に還元できる可能性が期待できます。
現在、神奈川県のヘルスケア・ニューフロンティア担当部署のサポートを得ながら、民間・アカデミアの連携により、未病改善を社会実装につなげるためのプロジェクト=未病への未来図(ME-RISE)プロジェクトが進んでいます。その一例をご紹介します。

介入研究① ヘルスケアロボットHALを活用した介護予防プログラムの開発

サイバーダイン社のヘルスケアロボットHALの腰タイプを活用して、フレイル、プレフレイルと診断された高齢者に対して有効な介護予防プログラムを開発するための研究です。2019年には、20例を対象としたパイロット研究として、湘南ロボケアセンター(株)、慶應義塾大学、神奈川県立保健福祉大学ヘルスイノベーション研究科、神奈川県立がんセンターとの共同研究がスタートしました。

研究成果は以下の通り

HAL腰タイプを使用した運動プログラムがフレイル状態にある高齢者の運動Self efficacyへ与える影響について

発表者長澤誠,中村翔,小熊祐子,齋藤義信,粕川隆士,成松宏人
学会第8回日本支援工学理学療法学会学術大会 口述
時期・場所令和2年11月13日・埼玉─オンライン開催

ヘルスケアロボットHALの運動プログラムが身体活動・身体機能に与える影響について

発表者市原青葉,小熊祐子,齋藤義信,成松宏人,中村翔,粕川隆士
学会第79回日本公衆衛生学会総会.一般演題(示説)
時期・場所令和2年10月20日・京都─オンライン開催

介入研究② 未病指標をヘルスケアに活用するための実証研究

第31回日本疫学会学術総会(予定)